大事な金利

  融資額で選ぶ
  他社借入れ件数で選ぶ
銀行系おまとめローンの審査基準ランキング
会社別ランキング
楽天スーパーローン
アコム
SMBCモビット
詳しくはこちら
  借り換えについて
  みずほ銀行カードローンについて
  リンク集
  基本メニュー
  乗り換え融資額で選ぶ
  他社借入れ件数で選ぶ
銀行系乗り換えローンの審査基準ランキング
会社別ランキング
みずほ銀行カードローン
オリックスVIPローンカード
SMBCモビット
オリックス信託銀行 バンクプレミア
東京スター銀行乗り換えローン
詳しくはこちら
  リンク集
  基本メニュー


大事な金利

もともと低い金利で借りられている借金があれば、それだけ借り替えの対象から除外することができます。

ただし、銀行によっては、契約中のキャッシングすべてのおまとめでないと受け付けてくれないところがあるので、
一部おまとめが可能か、確認してみましょう。

銀行の金利は、何%から何%までと表示されていると思いますが、
金利は、具体的には、契約額やその他申込者の信用情報で決まるものです


一般的に、契約額が高いほど、金利が低くなってお得になります
たとえば、500万円なら、金利5%、300万円なら7%、100万円なら10%など。

なので、一件につき百万単位の他社借入が2,3件のおまとめに対して、
銀行は一番効果を発揮するといえます。(A社150万、B社200万、C社100万円、の借入で、各社金利15%以上だったのが、おまとめで、計450万で5〜6%になるなど)

しかし、銀行の審査は通っても、500万円の融資が希望だったのに、
収入やその他信用が不足するため、200万円しか融資がおりなかった、という場合があります


その場合は、当初の希望の金利にならないので、
今までの金利と比べ、得になるかを再検討する必要が出てくる場合があります。

もちろん、1%でも低い金利になるのなら、一本化にする価値は充分あります


用途別で探す